個人情報の取り扱い

①フレームを収納袋から取り出し半ばまで広げます。
②フレームに天幕をかぶせます。この時点で天幕4隅の方向と天幕の
中央部分を会わせるだけにして天幕4隅は固定しないで下さい。
③下側V字部分を少し持ち上げながら引っ張り開きます。
(よく4人で柱を引っぱらなければ開かない)という方がいますが、この方法でお試し下さい。
驚くほど簡単に開きます。
④サイドクロスフレームを上図それぞれの方向へ閉めますと4隅がロックされます。
ストッパーピンが、穴にセットされカチッと音がするまで押し上げて下さい。
⑤フレーム柱のマジックテープと天幕4隅のマジックテープをあわせて下さい。
天幕をフレームに固定します。撤去の際は、固定をはずして下さい
⑥三角台座を足で押えながら伸ばします。
途中スライドピンを引きながら高さ調節します。
伸ばすときはひっぱるだけ、縮めるときはピンをひき縮めるだけの簡単操作です。
完成
ロープは対角線上に張って下さい。杭は地面に対し斜めに打ち込みましょう。
自治会の運動会などでとなりのテントと隣接する時は、三角台座 に穴があいているので直接そこにうちこみます。
杭が打ち込めないようなところでは、重りを使用してください。

完成後、次のことをご確認ください

  • 天幕に雨水がたまらない様に、ピンと張られているか。
  • 風対策、(ペグでの固定・おもり)はだいじょうぶか。
  • ジョイント部、フレームの角の各ストッパーが、きちんととまっているか。
片付け
組み立てた手順と反対の手順で片付けます。
(⑤のベルトの解除お忘れ無く)天幕はなるべく外して保管した方が、長持ちしますが
フレームといっしょにたたんだほうが、次に使用する際スピーディで簡単です。
なるべくフレームの間に挟まないようきれいにたたんでください。

簡単テント・ワンタッチテントと呼ばれるものは、今までのパイプテントのように各パーツが
ばらばらでは無くすべての部品が一体化したものです。
そのため部品の紛失が無く、簡単に組立ができます。
また部品の交換もドライバー1本で簡単におこなえます。

警告

  • 大雨、強風時(風速10m以上)には、使用しないでください。
    強風によりテント本体が倒れたり、飛ばされ、人が傷害を負ったり、ものが破損する恐れがあります。
    どんなテントでも、大風には注意がひつようです。
    ミスタークイックは急な天候の変化による強風時にも簡単にかたせるので、便利です。
  • 火器類を近づけないでください。天幕素材は、ポリエステルを使用しておりますが。火災発生のおそれがあります。
  • 設営時には必ずロープ、杭、または所定の砂袋、鋳物重り (10kg~20kg)等でテント支柱を固定してください。
ロゴ